著書・編書

学術論文

書籍への分担執筆

  • 桜井愛子、小川啓一「中東における教育援助政策-イエメンの女子教育を事例に-」山口しのぶ,毛利勝彦(共編)『ケースで学ぶ国際開発』東信堂,2010年.(近刊)
  • 小川啓一, 田中伸幸「エジプトにおける中・高等教育と労働市場」山内乾史(編)『学歴と就労の比較教育社会学-教育から職業へのトンジションII-』学文社, 101-132頁, 2010年.
  • Ogawa, K. “Higher Education in Lao PDR” in Hirosato, Y. and Y. Kitamura (Eds.), The Political Economy of Educational Reform and Capacity Development in Southeast Asia: Cases of Cambodia, Laos and Vietnam, Springer, pp. 283-301, 2009.
  • 小川啓一, 野村新作「教育開発研究における計量的アプローチ-家計調査にもとづくミクロデータ分析-」澤村信英(編)『教育開発国際協力研究の展開―EFA(万人のための教育)達成に向けた実践と課題』明石書店, 10-26頁, 2008.
  • 小川啓一, 江連誠, 川嶋太津夫「20世紀の基礎教育支援と国際的な動向」小川啓一,西村幹子(編)『途上国における基礎教育支援(上)-国際的潮流と日本の援助-』学文社, 2-24頁, 2008.
  • 小川啓一, 江連誠, 山内乾史「ダカール会合以降の国際的な基礎教育支援の動向」小川啓一,西村幹子(編)『途上国における基礎教育支援(上)-国際的潮流と日本の援助-』学文社, 25-45頁, 2008.
  • 小川啓一,桜井愛子「大学による国際協力の取り組みと基礎教育支援」小川啓一, 西村幹子(編)『途上国における基礎教育支援(上)-国際的潮流と日本の援助-』 学文社, 145-159頁, 2008.
  • 小川啓一, 武寛子 「定量データからみる日本の取り組み」 小川啓一, 西村幹子(編)『途上国における基礎教育支援(上)-国際的潮流と日本の援助-』 学文社, 162-191頁,2008.
  • 小川啓一, 武寛子 「アンケート調査からみる日本の取り組み」小川啓一, 西村幹子(編)『途上国における基礎教育支援(上)-国際的潮流と日本の援助-』 学文社, 217-242頁,2008.
  • 小川啓一 「ラオス-縫製工業における産業スキルディベロップメント-」 岡田亜弥, 山田肖子, 吉田和浩編 『産業スキルディベロップメント-グローバル化と途上国の人材育成-』日本評論社, 115-128頁, 2008年.
  • 小川啓一, 田中伸幸「OECD諸国における教育・職業訓練と労働市場の比較」 山内乾史(編) 『教育から職業へのトランジション-若者の就労と進路職業選択の教育社会学-』東信堂, 200-220頁, 2008年.
  • 小川啓一, 荘所真理 「教育と開発」 高橋基樹, 福井清一(編)『経済開発論―理論と政策のフロンティア-』勁草書房, 287-307頁, 2008年.
  • 小川啓一 「ミレニアム開発目標達成に向けての問題点-教育財政支出と財政管理の視点から-」小川啓一, 西村幹子, 北村友人(編)『国際教育開発の再検討-途上国の基礎教育普及に向けて-』 東信堂, 54-76頁, 2007年.
  • 小川啓一 「労働市場参入への教育の役割-トルコのケース・スタディから-」 山内乾史(編)『開発と教育協力の社会学』 ミネルヴァ書房, 151-163頁, 2007年.
  • 有村美穂, 小川啓一 「女子教育への国際教育協力-イエメンのケース・スタディから-」 山内乾史(編) 『開発と教育協力の社会学』 ミネルヴァ書房, 103-116頁, 2007年.
  • 小川啓一 「アジアにおける教育と経済発展」 山内乾史・杉本均(編) 『現代アジアの教育計画 (上) 第2版』 学文社, 196-209頁, 2006年.
  • 小川啓一 「万人のための教育:ファスト・トラック・イニシアティブとイエメンの基礎教育政策-日本の支援のあり方を考える」 山内乾史, 杉本均(編)『現代アジアの教育計画(下)』 学文社, 29-42頁, 2006年.
  • 野村真作, 小川啓一 「イランにおける女子教育開発」山内乾史, 杉本均(編) 『現代アジアの教育計画(下)』 学文社, 59-72頁, 2006年.
  • 桜井愛子, 小川啓一, 「サウジアラビアにおける教育開発の現状と今後の課題」 山内乾史, 杉本均(編) 『現代アジアの教育計画(下)』 学文社, 86-102頁, 2006年.
  • 幸田佳子, 小川啓一 「ヨルダンの経済開発へ向けての教育改革-質の向上を目指したICTの活用-」山内乾史, 杉本均(編) 『現代アジアの教育計画(下)』 学文社, 43-58頁, 2006年.
  • 野村真作, 小川啓一 「移行経済ウズベキスタンにおける教育改革と労働市場」 山内乾史, 杉本均(編) 『現代アジアの教育計画(下)』 学文社, 73-85頁, 2006年.
  • 小川啓一 「人的資源開発論」 『経済学研究のために (第9版)』神戸大学経済経営学会 394-399頁, 2006年.
  • 小川啓一 「教育と開発に関する分析法」黒田一雄, 横関祐見子(編)『国際教育開発論-理論と実践-』 有斐閣 pp. 239-257, 2005年.
  • Gayzon, Carol and Keiichi Ogawa “Progress in Privatization”, in Global Development Finance, Washington, D.C.: World Bank, 1999.

百科事典への分担執筆

  • Ogawa, Keiichi “Yemen”, in Lin, Chia-ling and Daniel Ness (eds.) Encyclopedia: Sociology of Education, M.E. Sharpe, Inc. Publisher, 2013.
  • Ogawa, Keiichi and John Weidman “Uzbekistan”, in Lin, Chia-ling and Daniel Ness (eds.) Encyclopedia: Sociology of Education, M.E. Sharpe, Inc. Publisher, 2013.
  • Weidman, John and Keiichi Ogawa “Laos” Encyclopedia: Sociology of Education, M.E. Sharpe, Inc. Publisher, 2013.
  • 小川啓一「イエメン共和国の教育」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年出版予定).
  • 小川啓一「貧困削減戦略文書」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年出版予定).
  • 小川啓一「アフリカ開発銀行」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年出版予定).
  • 小川啓一「教育収益率分析」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年出版予定).
  • 小川啓一「教育生産関数」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年出版予定).
  • 小川啓一「人的資本」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年出版予定).
  • 小川啓一「成長会計」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年出版予定).
  • 小川啓一「世界銀行」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年出版予定).
  • 小川啓一「拡大中東・北アフリカ地域諸国」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年出版予定).
  • 小川啓一「シグナリング理論」比較教育学会『比較教育学事典』東信堂 (2012年).
  • Ogawa, Keiichi “Introduction on Institutions of Education throughout the World”, in Lin, Chia-ling and Daniel Ness (eds.) International Education and Human Development: An Encyclopedia, M.E. Sharpe, Inc. Publisher, 2012.
  • Ogawa, Keiichi “Global Monetary Agencies for Education”, in Ness D. and C. Lin (Eds.), International Education: An Encyclopedia of Contemporary Issues and Systems (Volume 1), M.E. Sharpe, Springer,pp.239-244, 2013.
  • Ogawa, Keiichi “Malawi”, in Ness D. and C. Lin (Eds.), International Education: An Encyclopedia of Contemporary Issues and Systems (Volume 2), M.E. Sharpe, Springer,pp.335-340,2013.
  • Ogawa, Keiichi and Yasushi Hirosato “Uzbekistan” in Ness D. and C. Lin (Eds.), International Education: An Encyclopedia of Contemporary Issues and Systems (Volume 2),M.E. Sharpe, Springer,pp.335-340,2013.
  • in Lin, Chia-ling and Daniel Ness (eds.) International Education and Human Development: An Encyclopedia, M.E. Sharpe, Inc. Publisher, 2012.
  • Vishna A. Herrity, Hsiu-Zu Ho, Chia-ling Lin, Daniel Ness, Sharon O’Connor-Petruso, and Keiichi Ogawa,“Topics in International Education: Introduction” in Ness D. and C. Lin (Eds.),International Education: An Encyclopedia of Contemporary Issues and Systems (Volume 1), M.E. Sharpe, Springer,pp.3-9,2013.

翻訳・解説

  • 小川啓一 『教育計画における費用便益分析(第4版)』 東信堂, 2010 年.(近刊)
  • Woodfall, Maureen. Cost-benefit Analysis on Educational Planning (4th Edition), UNESCO Publication, 1994.
  • その他
  • Ogawa, Keiichi (eds.), Universal Primary Education Policy and Quality of Education in Sub-Saharan Africa: Case Study of Ghana, Kenya, Malawi, Uganda, Kobe University, pp 1-XX, 2010.
  • Nishimura, Mikiko and Keiichi Ogawa (eds.), Universal Primary Education Policy in Sub-Saharan Africa: Comparative Analysis of Ghana, Kenya, Malawi, Uganda, and Policy Recommendations, Kobe University, pp. 1-xx, 2009.
  • 小川啓一「ラオスにおける産業スキルディベロップメント」吉田和浩(編)『スキルディベロップメント』文部科学省国教育協力イニシアティブ最終報告書, 2009年.
  • 小川啓一(研究代表者)『西アジア及び東アジアにおける人的資源開発と政府・民間の役割』科学研究費基盤B研究報告書, 2008年.
  • 小川啓一「ラオスにおける人的資源開発-縫製産業にみるスキルディベロップメント-」高橋基樹(研究代表者)『開発途上国における貧困・脆弱性の変容と制度構築』科学研究費基盤研究B研究報告書, xx-xx頁,2008年.
  • Nishimura, Mikiko and Keiichi Ogawa (eds.), A Comparative Analysis on Universal Primary Education Policy, Finance, and Administrative Systems in Sub-Saharan Africa, Graduate School of International Cooperation Studies, Kobe University, pp.1-xx, 2008.
  • Hirosato, Yasushi and Keiichi Ogawa, Education Sector Study in Uzbekistan: Focusing on Senior Secondary Education, Japan Bank for International Cooperation, pp. 1-xx, 2007.
  • 小川啓一 「教育へのアクセス拡大と質の保証-万人のための教育ファスト・トラック・イニシアティブを事例に」『国際協力銀行委託事業教育ネットワーク研究会-国際教育開発連続講座-』 最終報告書 広島大学教育開発国際協力研究センター, xx-xx頁,2007年.
  • Ogawa, Keiichi (ed.) JICA Counterpart Training: Yemen Girls’ Education Project (BRIDGE), Kobe University, Graduate School of International Cooperation Studies, pp. 1-xx, 2007.
  • Ogawa, Keiichi (ed.) Public Policy and Basic Education in Yemen: Field Study Report, Kobe University, Graduate School of International Cooperation Studies, pp. 1-xx,2007.
  • Ogawa, Keiichi, Joseph Chimombo, and Demister Kunje, “Malawi Status Report”, A Comparative Analysis on Universal Primary Education Policy in Sub-Sahara Africa, 拠点事業国際教育協力イニシアティブ1年次報告書, 神戸大学, xx-xx頁, 2007年.
  • 小川啓一, 江連誠, 武寛子『万人のための教育(EFA)への挑戦:日本のODAに対する提言』 国際協力総合研修所, 1-xx頁, 2006年.
  • Ogawa, Keiichi (ed.), Human Resources Development in Yemen: Focused on Basic Education Development Policies. Kobe University’s Graduate School of International Cooperation Studies, pp. 1-XX, 2006.
  • 国際協力機構「中所得国における産業人材育成のあり方」最終報告書 独立行政法人国際協力機構人間開発部(Advisor)2005年
  • UNESCO, EFA Monitoring Report: Education for All: Fast Track Initiative. UNESCO Publication, Paris: UNESCO, 2005 (contributor)
  • 小川啓一, 荘所真理「世界銀行のアフリカの自立に向けた教育支援」澤村信英編『アフリカ諸国の教育改革への取り組みと国際協力のあり方に関する比較研究』 広島大学教育開発国際協力研究センター,科学研究費報告書, 24-35頁, 2005.
  • 「イエメン基礎教育開発戦略(BEDS)実施に関するキャパシティビルディングプログラム第一次事前評価調査報告書」独立行政法人国際協力機構人間開発部 2004年(共著)
  • Ogawa, K. and T. Godana, Cost and Financing of Education in Namibia. Windhoek: Ministry of Higher Education, Job Creation, 2004.
  • General Education in Namibia. Windhoek: Ministry of Higher Education, Job Creation. 2004, (co-author).
  • Basic Education Development Program. Project Appraisal Document, Washington D.C. : World Bank, 2004. (co-author)
  • 小川啓一「ODAの学校建設協力はMDGs達成を第一目標に」 『国際開発ジャーナル』5月号, xx-xx頁, 2004年.
  • 内田雅子, 小川啓一「万人の為の教育ファスト・トラック・イニシアチィブにおける日本の国際協力の役割を考える」『国際開発ジャーナル』6月号, 2003年.
  • Ogawa, Keiichi, Noel Kulemeka, Soren Nelleman, Capacity Building: Human Resources Development Project in Mozambique. Project Completion Report, Report No 23553. Washington D.C.: World Bank, 2002.
  • World Bank, Higher Education Project in Mozambique. Project Appraisal Document, Report No: 1111-MOZ. Washington D.C.: World Bank, 2001 (co-author).