私のゼミでは、修士論文、博士論文、学術論文を英語で書くように指導しています。2007年9月から2019年5月にかけて、20名の学生が私の指導のもと博士号を取得しました。20名のうち13名は大学・研究機関に就職しており、その他の5名は国際機関である世界銀行本部、残る2名は政府機関(ウガンダ総理大臣アドバイザー)と国際NGOでそれぞれ働いています。

Mariana Coolican  2019年5月 学術博士
修了後の進路 ユニセフ赤道ギニア事務所社会保障スペシャリスト⇒神戸大学大学院国際協力研究科研究員
Dissertation Topic An Analysis of Family School and Community Factors on Students’ Achievement in Pitagoras Secondary Network Schools in Japan and Brazil
Sokpanya Phon 2019年3月 学術博士
修了後の進路 カンボジア・パナストラ大学講師
Dissertation Topic Effects of Migration and Remittances on Educational Attainment and Working Hours of Children in Cambodia.
Huyen T.T. Nguyen 2019年3月 学術博士
修了後の進路 ベトナム国家大学講師⇒神戸大学大学院国際協力研究科研究員
論文題目 Family Involvement in Early Childhood Education in Viet Nam: Different Stakeholders’ Perspectives and Current Practices
Seonkyung Choi 2019年3月 学術博士
修了後の進路 広島大学教育開発国際協力研究センター研究員
Dissertation Topic School Choice and Labor Market Outcomes in the Republic of Korea: Focusing on Vocational Education Path
Phal Chea 2018年9月 経済学博士
修了後の進路 神戸大学大学院国際協力研究科研究員
論文題目 Equitable Access to Higher Education in Cambodia: Effects of Financial Aid for Low-Income Students
Truong Thu Ha 2018年3月 学術博士
修了後の進路 ハノイ工科大学講師
論文題目 Analysis of Higher Education Expansion on Employment and Wages in Vietnam
Jeje Moses Okurut 2017年3月 学術博士
修了後の進路 世界銀行本部コンサルタント
論文題目 Effect of Automatic Promotion on Students’ Dropout Rate and Learning Achievements in Uganda’s Primary Education
井上 慶子 2016年9月 学術博士
修了後の進路 ピースウィンズ・ジャパン海外事業部教育専門家
論文題目 An Analysis of Resilience of the Extended Family on Educational Opportunities for Orphans in Zimbabwe: Case of the Harare Rural District
坂上 勝基 2016年3月 学術博士
修了後の進路 ユネスコアジア太平洋地域教育事務局(ユネスコバンコク)プログラム・オフィサー⇒大阪大学大学院人間科学研究科研究員・JSPS PD研究員
論文題目 Informal User Fees and School Choice under Free Education Policy in Rural Uganda
島田 健太郎 2014年9月 学術博士
修了後の進路 京都大学大学院教育学研究科研究員・JSPS PD研究員⇒京都大学助教
論文題目 Intergenerational Persistence in Education and Rate of Return to Education in Kenya
芦田 明美 2014年9月 学術博士
修了後の進路 ユネスコアジア太平洋地域教育事務局(ユネスコバンコク)プログラム・オフィサー⇒東京大学大学院教育学研究科研究員・JSPS PD研究員⇒早稲田大学大学院アジア太平洋研究科・助教
論文題目 Analysis on Primary Students’ Enrolment in Honduras since Late 1980s: Focused on Education for All (EFA) and Millennium Development Goals (MDGs)
中田 志郎 2014年3月 学術博士
修了後の進路 世界銀行本部教育経済コンサルタント ⇒ 世界銀行本部シニア教育エコノミスト
論文題目 Equitable Access to Higher Education in Vietnam: Effects of Government’s Financial Support for Low Income Students
Chang Jia-Chung 2014年3月 学術博士
修了後の進路 中国の大学教授
論文題目 Deregulation and Decentralization of Higher Education in Taiwan since 1994: Political Intervention on Policy Implementation
Wokadala James 2013年3月 学術博士
修了後の進路 マケレレ大学講師 ⇒ マケレレ大学講師・専攻長⇒マケレレ大学上級講師・学部長
論文題目 Examining Technical Efficiency and Management Effectiveness in Lower Secondary Schools in Uganda
Byamugusha Albert 2012年9月 学術博士
修了後の進路 ウガンダ総理府局長⇒ウガンダ総理大臣アドバイサー
Adjunct Associate Professor, Uganda Technology and Management University
論文題目 Examining the Effects of Home, School and Community Factors on Pupils’ Achievement in Ugandan Primary Schools
田中 伸幸 2012年3月 学術博士
修了後の進路 世界銀行本部教育コンサルタント ⇒ 世界銀行本部教育エコノミスト
論文題目 Equitable Access to Higher Education in Egypt: Effects of Household-Financed Education
利根川 佳子 2011年3月 学術博士
修了後の進路 神戸大学国際協力研究科研究員 ⇒ 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科助教⇒早稲田大学社会科学部講師
論文題目 Analysis of the Relationships between Local Development NGOs and the Communities in Ethiopia: The Case of the Basic Education Sub-Sector
野村 真作 2010年3月 経済学博士
修了後の進路 世界銀行教育経済コンサルタント ⇒ ユネスコ統計研究所財政スペシャリスト ⇒ 世界銀行本部教育エコノミスト ⇒ 世界銀行本部シニアエコノミスト
論文題目 Determinants of Educational Demands in Yemen: Benefits, Costs and Household Decisions
荘所 真理 2009年09月 学術博士
修了後の進路 世界銀行本部教育コンサルタント ⇒ 世界銀行本部教育スペシャリスト⇒世界銀行本部上級教育スペシャリスト
論文題目 Free Primary Education Policy, Decentralization and Parental Participation: The Case of Malawi
桜井 愛子 2007年9月 学術博士
修了後の進路 日本政府内閣府 ⇒ セイブ・ザ・チルドレン ⇒ 神戸大学特命准教授 ⇒ 東北大学准教授⇒東洋英和女学院大学准教授
論文題目 Application of the Whole School Development Approach on Rural Basic Education Schools in Yemen: Strengthening Partnerships among Schools, Communities and Local Education Offices